TOEIC®L&R TESTとは?

TOEIC®L&R TESTとは、Test of English for International Communication の略称で、英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテスト。世界60ヶ国で実施され、日本では年間約140万人が受講しているとの報告がでています。

TOEIC®L&R TESTの平均点

あなたは、日本人の平均スコアが何点か知っていますか?第213回(2016年9月)TOEIC®L&R TESTの平均スコアは572.9点です。これはあなたのスコアより・・・?

※詳しいデータは、TOEIC®L&R TESTのホームページをご参考に。

企業が求めるTOEIC®L&R TESTスコア

企業が求めるTOEIC®L&R TESTスコアは、600点前後といわれています。しかし、グローバリゼーションが進むにつれ、ビジネスの場で要求される英語レベルは年々高くなってきています。もちろんそれに伴い、要求されるスコアも高くなっているようです。あなたが目指すのは何点ですか?

■TOEIC®L&R TESTスコア・目安一覧表

TOEIC(R)L&R TESTスコア・目安一覧表

TOEIC®L&R TESTの問題構成

TOEIC®L&R TESTテストはリスニング(45分間・100問)、リーディング(75分間・100問)、合計2時間で200問に答えるマークシート方式の一斉客観テストです。
出題形式は毎回同じで、解答はすべて問題用紙とは別の解答用紙に記入します。
テストは英文のみで構成されており、英文和訳・和文英訳といった設問はありません。

リスニングセクション(45分間・100問) 会話やナレーションを聞いて設問に解答
Part1 写真描写問題 6問
1枚の写真について4つの短い説明文が1度だけ放送される。説明文は印刷されていない。4つのうち、写真を最も的確に描写しているものを選び解答用紙にマークする。
Part2 応答問題 25問
1つの質問または文章とそれに対する3つの答えがそれぞれ1度だけ放送される。印刷はされていない。設問に対して最もふさわしい答えを選び解答用紙にマークする。
Part3 会話問題 39問
2人または3人の人物による会話が1度だけ放送される。印刷はされていない。会話を聞いて問題用紙に印刷された設問(設問は放送される)と解答を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。会話の中で聞いたことと、問題用紙に印刷された図などで見た情報を関連づけて解答する設問もある。各会話には設問が3問ずつある。
Part4 説明文問題 30問
アナウンスやナレーションのようなミニトークが1度だけ放送される。印刷はされていない。各トークを聞いて問題用紙に印刷された設問(設問は放送される)と解答を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。トークの中で聞いたことと、問題用紙に印刷された図などで見た情報を関連づけて解答する設問もある。各トークには質問が3問ずつある。
リーディングセクション(75分間・100問) 印刷された問題を読んで設問に解答
Part5 短文穴埋め問題 30問
不完全な文章を完成させるために、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。
Part6 長文穴埋め問題 16問
不完全な文章を完成させるために、4つの答え(単語や句または一文)の中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。各長文には設問が4問ずつある。
Part7 1つの文書:29問
複数の文書:25問

いろいろな文書が印刷されている。設問を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。文書内に新たな一文を挿入するのに最も適切な箇所を選ぶ設問もある。各文書には設問が数問ずつある。

TOEIC®L&R TESTの攻略ポイント

1.問題に慣れる!
問題のパターンと傾向を良く知り、対策を立てておくことがスコアアップに繋がります。
2.自分に最適な時間配分で解く!
自分の得意なところはより早く。苦手なところに時間を割く。これで得点率がアップします。
3.考えずにスピード解答!
200問で2時間のテストなため、時間との戦いです。考えずに解ける英語感覚を身に付ければ、高得点は夢じゃありません。

体験講座を申し込む