パート別学習指南 Part 2

1. 多くの問題を聞く
パート1同様、多くの問題に触れておくと効果があります。様々な応答のパターンを身につけておくことで、たいていの問題に対応できるようになります。
2. 勧誘、依頼、提案
Why don’t you ~、Why don’t we ~、What do you say to ~、How about ~ing
とそれに対する返答
Sure, I will. That sounds great.
など定型的なものは絶対に覚えましょう。
3. リピート練習
上記1、2の練習の際、ひとつひとつの音声の後につけてリピートします。何も見ずに繰り返せるようになっておけば、本番で必ず効果を発揮します。

≪ パート別学習指南 Part 1パート別学習指南 Part 3,4 ≫

体験講座を申し込む