安心のブランド!高い満足度!

~確かな実績!~

これまでのべ1000人以上のスコアアップに
貢献してきたEYEは、
社会人・学生から絶大な支持を得ています。
高い満足度でリピーターも多数!

【受講経験のある企業様】

  • 朝日新聞社、
  • 出光興産、
  • 伊藤忠商事、
  • 住友商事、
  • 全日本空輸(ANA)、
  • SONY、
  • 東芝、
  • 東レ、
  • トヨタ自動車、
  • ナイキジャパン、
  • 日産自動車、
  • 日本アイ・ビー・エム、
  • 日本経済新聞社、
  • 日本航空(JAL)、
  • 日本電気(NEC)、
  • 日本郵政株式会社、
  • 野村證券、
  • パナソニック、
  • 日立製作所、
  • マツダ、
  • 三井住友海上火災保険、
  • 三井物産、
  • 三菱商事、
  • 三菱東京UFJ 銀行、
  • YAMAHA、
  • 楽天、
  • 各官公庁&自治体、
  • 公認会計士、
  • 税理士等の方等

【受講生の大学】

  • 東京大学、
  • 早稲田大学、
  • 慶応義塾大学、
  • 明治大学、
  • 青山学院大学、
  • 立教大学、
  • 中央大学、
  • 法政大学、
  • 日本大学、
  • 東洋大学、
  • 駒沢大学、
  • 専修大学、
  • 関西学院大学、
  • 関西大学、
  • 同志社大学、
  • 立命館大学、
  • 近畿大学etc

受講体験者のことば

社会人男性 中西 努さん 電機製造メーカー勤務

受講回数
20回
受講する前のスコア
345点
目標点
600点
受講後のスコア
685点

①受講目的(なぜ上記スコアが必要であったのか)

会社の昇格試験を受験するための条件として600点以上が必要だったため

②他校でなくてなぜEYE Englishに入学を決めたか、その理由(決め手)

ネット、無料アプリと参考書をもとに独学で勉強していましたが、まったくTOEIC®L&R TESTスコアがあがらず、スクールに入ることを決めました。私はもともと英語が苦手で、文法の基礎もわかっていませんでした。そこで自分のペースで学習できる少人数、マンツーマンのスクールを探していました。その中でマンツーマンでコストパフォーマンスが高く、多くの企業をクライアントとしているEYEの無料体験学習に申し込みました。
体験学習前は他のスクールより値段が安いため、大丈夫かな?との不安もありましたが、いざ、受けてみるとわかりやすく、的をとらえた授業で、先生の熱意も伝わってきました。ここなら途中で投げ出さず勉強できるかもと思い入学しました。

③EYE Englishで学習してよかったこと

  • TOEIC®L&R TESTのスコアアップに特化して効率よく勉強できたこと。(覚えるべきもの、覚えなくてもよいもの、テクニック、時間配分など600点に本当に必要なものだけを明確にして教えていただきました。)
  • 独学の時はなかなかやる気を持続できませんでしたが、杉本先生の熱意ある指導で目標クリアまで継続的に学習できたこと
  • マンツーマンなので私のレベルにあった私だけの学習プログラムで、効率よくできたこと。
  • 授業、宿題の結果から学習の習得度を杉本先生が毎回分析し、その都度適格なアドバイスをもらえたこと。

④スコアアップで工夫したこと

  • 課題や宿題はやること。そして必ず答え合わせを独自でおこない、答えの根拠を理解できているか確認し、不明点は授業でかならず聞くこと。(宿題は問題を解くことが目的ではなく、なんでその答えになるのかを理解することが大事です。よって全部解く時間がないなら半分だけでもいいので、答え合わせと解答の理解に重点を置きました。)
  • 毎日すこしでも英語の勉強をすること。私は毎日、電車と会社前のコーヒーショップ、昼休みに勉強するよう習慣づけていました。(詰め込みすぎず、時間を決めて勉強を生活のルーティンとすると継続できます。)

⑤これからスコアアップを目指す皆さんへ応援メッセージ

ネットで調べれば多数攻略法を見つけられます。しかしそれを効率よく自分のものにするには、スクールに入ることをお勧めします。それはいくら素晴らしい情報でも自分1人では理解と習得の持続に限界があるからです。専門家に習うことで、なにが習得の障害となっているか明確になり、効率的に学ぶことができます。どうせスクールに入るなら私は少人数やマンツーマンをお勧めします。クラス形式のスクールより高額となりますが、自分中心の授業となるため、間違いなく高い効果を得られます。その結果、実は安い買い物となるのです。
また、スクールに入ればスコアアップする訳ではありません。一番重要なのはスクールのない日の継続的な個人学習です。これができないならどんな優秀なスクールに入っても無駄となってしまいます。しかし、EYEで学習ポイントのアドバイスを受ければ、その負担は思ったほど大きなものにはならず、継続できると思います。また杉本先生のような熱意のある先生だと宿題やらないと申し訳ないと思い、これが継続のカギになったりします。

もっと体験記を読む