TOEIC®テスト新形式問題について

 既に皆さまご承知のことと思いますが、5月29日実施の公開テストから、出題形式が一部変更になります。変更内容は、テストの運営を行っている国際ビジネスコミュニケーション協会のホームページで詳細に説明されていますが、ここでは、それらのポイントを整理してみたいと思います。

リスニングセクションの変更点

  1. 写真描写問題(Part1)が10問から6問に、応答問題(Part2)が30問から25問に減ります。これらを得点源にしていた方にとっては、一層確実に正解していきたいところです。
  2. 会話問題(Part 3)が30問から39問に増えます。
    1. (1) 2名の会話で、それぞれの発言が短くやり取りの多いものが加わります。
    2. (2) 3名で会話するものが加わります。当初は一つだけだと思われますが、後日数が増えることも予想されます。
    3. (3) 口語で頻繁に使われる省略形(going toがgonna)や、文の一部分を使った応答(Yes, in a minute; Down the hall; Could you?など)が登場します。会話体にも慣れておく必要があるでしょう。
    4. (4) これまでは3問の設問のみが問題用紙に印刷されていましたが、図表(地図、ビルの中の案内、予定表など)を見ながら解答する問題が加わります。これまでどおり問題の先読みが必要ですが、これらの図表も合わせて見ておかなければなりません。
    5. (5) 会話の中で、話し手が暗示している意図を問う設問が加わります。例えば、 「女性が”I can’t believe it.”と言っているが、何を意味しているのか」という設問です。前の人の発言と関連づけることが必要になります。
  3. 説明文問題(Part 4)は30問のままですが、上記(4)のように図表の問題が加わります。

リーディングセクションの変更点

  1. 短文穴埋め問題(Part5)のが40問から30問に減ります。このパートを苦手にしていた方が多いかもしれませんが、文法知識が一層必要となるかもしれません。
  2. 長文穴埋め問題(Part6)の一つの文章に含まれる設問が3問から4問に増えて、計16問になります。この増える1問は、文書内の空欄に「最も適切な一文」を選ぶ問題です。これまで以上に文章を読む力が求められます。
  3. 読解問題(Part7)は48問から54問となり、リーディングセクションの半分以上を占めることになります。具体的には、一つの文書を読んで解答するものが28問から29問に、複数の文書を読むものが20問から25問になります。文章を読む力が今まで以上に求められることになります。
    1. (1) 文書内に新たな一文を挿入するのに最も適切な箇所を選ぶ問題が加わります。
    2. (2) テキストメッセージやオンラインチャット形式で複数名がやり取りを行う設問が加わります。
    3. (3) これまでは、ダブルパッセージと呼ばれる2つの関連する文書を読んで解答するものがありましたが、それに加えて、3つの関連する文書を読んで解答するものが登場します。
    4. (4) 文書中で書き手が暗示している意図を問う設問が加わります。「~さんが”Absolutely.”と書いているが、何を意図しているか」といった質問です。

 全般的に見て、小手先のテクニックだけでは点数が取れない内容になりました。会話問題にせよ読解問題にせよ、全体をしっかり把握できる力が必要になる一方で、これまでのテストに見られた“折り目正しい”言葉遣いに、実生活での場面設定や少し形の崩れたものを加えることで、幅広い英語の運用能力を試す内容になっています。

 問題制作側としては、数回のテスト結果を見ながら徐々にマイナーな修正を行っていくことと思いますが、まずは新しい形式に慣れることが何より重要でしょう。