2012/03/21 【“new”は「ニュー」ではない?】

*** 時間がないからここだけの話。ズバリ点数アップ!TOEIC ***
 英語圏の文化の【匂い】まで感じられることが、
【確実な点数アップ】につながるのです。
*********************************************************
【EYE English School → http://toeic.globaleye.jp 】
*********************************************************
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃今日のテーマ:“new”は「ニュー」ではない?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 中学校で初めて出会い、皆さんの身にしみついている単語に表題の
“new”があります。私も含め、ほとんどの方がこの単語の発音を
「ニュー」と習ってきました。発音記号で書くと[nju:]です。今でも
私の手元にある英和辞典にはこの発音記号が書かれています。

 ところが、アメリカ英語を聞いていると「ヌー[nu:]」と発音する
人が多いことに気づきます。

 また、この音を含む due、tune、nuclear、reduce といった語も
「ドゥ」、「トゥーン」、「ヌークリア」、「リドゥース」という
ように発音されます。due と reduce は、TOEIC でも頻出する言葉
ですから、お持ちの問題集のナレーターがどのように発音しているか
是非確かめてみてください。

 ところで、上記のうち tune と reduce はイギリス英語だと
「チューン」、「リヂュース」と発音されることが多くなってきた
ようです。合わせて確かめてみてください。



              マンツーマン英語講師
                 Elvis K. Ogiso



→質問、感想などは ad@globaleye.co.jp へぜひどうぞ!

体験講座を申し込む

体験レッスンはこちら

400点以上の方対象 60分で違いが分かる
無料体験レッスン

TOEIC®テスト メールマガジン

『時間がないからここだけの話。ズバリ点数アップ!TOEIC』

「毎週届く、TOEIC®テストスコアUP・英語力UPにつながる含蓄のある情報満載のメールマガジンです!」

メールアドレス

powerd by まぐまぐ

メルマガバックナンバーを読む

記事検索もできます。